情報ネットワーク INFACT

皆 様 へ コメント・・・・ン?・・中○薫様へ!かな

中○薫女氏が著書の中で大室家の方とのDNA鑑定をしたことを
某新聞社の依頼で行ったことを明かしたことは皆様ご存知の事ですが、
それはそれで、新しい動きと見ていいのであるが、その結果を何時までも明かさないのはなぜが?
明かせない事情もあるのだが、
そこまで書いたのであれば○でも×でも結果を明かすことまでしないといけない。
それとも、「鑑定をした」と言う事のみをを自身の権威付けに活用する目的で利用したのであれば
卑怯者といわざるをえないという意見もある。
○邊先生とのコンタクト時にも先生が尋ねられたときも答えなかったと聞く。


彼女の本当の種(たね)は岩倉具視という説も有力になってきているが、
(岩倉の写真と彼女の顔を見比べて見ても伺われる・・・)
かつて、呂不偉が妻を自分の種入りを承知で差出し、生まれた子が「秦始皇帝」であるように
岩倉も寵姫を我種入りと承知の上であてがった明治天皇(大室寅之祐)の妾(千草任子)に出来た子が
堀川氏(彼女の父)である。
岩倉は本来、堀●氏を大正天皇にしたかったのであろが、時の勢力争いの中で外に出されたのだと・・・。
では、大正天皇は誰の子か? 当時の元勲の写真をじっくり見手欲しい・・・。
おおよそ想像はつくでしょう。

中○薫さん勇気を持って明かしましょう。本当にあなたが真の平和な世界を望んでいるのなら・・・。
サンヘドリンを和訳すると・・・・・・・!!

この際K室すべてのDNA鑑定をしてみてはいかがか?
・・・・・「ばらばらであった!」との情報も・・・・・・・!!!!!

ついでに、彼女と永遠の○大将・加○雄○(原くんでは無いぞ!)も鑑定をして見てはどうだろう・・・・・・!
という意見もある。
これまた、驚く結果が・・・・・!!


政治も経済も芸能・マスコミすべて血統による支配の中で動いている。
この見方でそれぞれの出来事やニュースなどの本質を見ると面白い。

そして何よりも、情報力と分析力に優れ且つ重要な人物・・・これが『文明アナリスト 新井信介』先生である。

参考までに、その訓練的教科書に一番役立つのは本サイトでもご推薦している『情報誌INTUITION』なのである。
これは、是非ご購読の価値があります。

また、歴史の事をさらに詳しく検証しているのが『松重正』『故・鹿島昇』の両先生であり、
『河内正臣』先生の昭和天皇論も重要な役割を持っているのです。


実は現在、K室実権は平○天皇でなく美○子皇后であるとのみかたがあるが、
実は、全ての引継ぎは徳○親王にされており
その実母である美○子皇后が表舞台で踊ると言う事も十分理解が出来るであろう。
では、何故平○天皇ではないのか、何故徳○親王なのか・・・・。
それを解く鍵は、やはり明治維新に遡るのである。
“朱貞明”の存在である。・・・・・“明”“黄檗”“大室天皇”“真史”・・・・・・!

この鍵が扉を開く時、日本、世界をむすぶ救世主・次期天皇の価値と役割とこれからの世界が観えてくるのである。
(このことは既に新井信介先生のこれまでの講演で収録もされている)・・・・シリーズ参照
全体像把握に特にお勧めは・・・湯河原紫・玉庵特別講義カセット、京都・紫玉庵特別合宿VTR・・・・これは必須!!

新井信介・松重正・鹿島昇の情報と分析は、反天皇・反国家論では無く、
日本の歴史であり文化である天皇家を綺麗な形で象徴とし、
正直で平和な日本と世界を目指すべきとの理念の顕れであり重要なプロセスなのである。


「ウソの歴史からは正しい未来が生まれない。正しい未来は真実の歴史認識から」


平成14年11月

     Aへ      Cへ 

新井 信介   松重 正  鹿島 昇   河内 正臣   INFACT Home