激!
 小泉首相と日本国民に申し上げます。


小泉首相が総裁選のとき、「8月15日=終戦記念日に靖国神社に参拝する」と
公約された事を本当に実行されるか?否か?は、日本が救済されるか?滅ぶか?を
決定すると言っても過言ではない最重要なる意義が秘められています。
ただし、現状のごとき首相の考えでは、天は断じて赦されません。
古来神国=大和の国と云われ、神武天皇が日本を肇国されて依頼、厳然と
定まっている率先天命(国是)「八紘為宇=地球一家」を、二十一世紀の今この時、
確と再認識し、8月15日「終戦記念日」の真(神)意を覚醒し、天意と天皇陛下の
大御心(大詔=おおみことのり)を順守(承詔必謹)する事に最善を尽くす事を確固と
決断されたとき、おのずと道は開かれてくるのでございます。! 



小泉首相! 八月十五日(終戦記念日)に、
総裁選で公約した靖国神社参拝を実行して下さい!

小泉首相は国民にウソをついたままで放置している

                            本文はこちら


               文責・天皇の真実を知る会 会長 河内正臣

                         
 平成十四年六月吉日


     ←Topへ戻る     本文へ    INFACT Homeへ