情報ネットワーク INFACT  新刊案内


≪ たま出版より全国発売中 ≫


話題騒然必至!
    明治天皇はすげ替えられた!?

『日本史のタブーに挑んだ男』

           副題 : 「 ゆがめられた日本史の真実 」

               松重 楊江 ・ 著

四六判・上製 
¥1800+税

ISBN4−8127−0617-8
C0021 ¥1800E

「明治天皇はすり替えられた?」。
本書は、日本史のタブーに挑んだ男、
鹿島fによる膨大な業績をまとめたものです。

本来であれば、最大のタブーである「明治天皇のすり替え」をタイトルとしたかったのですが、
鹿島が生前、その著作を発表したとき、あらゆるメディアから広告を拒否されました。

そのため、ややソフトなタイトルに変えざるを得ませんでしたが、
そうした経緯をぜひ読者にも知っていただきたいということから、
このオビの文章が生まれました。

どちらが歴史の真実であるかは読者のご判断を待つしかありませんが、
こういうタブーを世に知らしめることこそ、後を継ぐ者の使命であると信じるものです。
                                                     (著者)


「明治維新で、天皇は北朝から南朝に変わった」
「孝明天皇は、伊藤博文が刺殺した」
「邪馬壱国は、百済と共同した公孫氏の九州における植民地だった」
「新羅が、九州の倭国と大和の秦王国を合わせて日本国を建国した」
「古事記の猿田彦は、『ラーマーヤナ』の猿の大群のこと」
「秦始皇帝は、バクトリア王ディオドトス、兵馬俑はペルシャ軍団」
「旧約聖書はバビロン神話の焼き直し」
などの説で、「鹿島史観」とも呼ばれる、隠された歴史の真実を掘り起こした故・鹿島 昇
彼の膨大な著作を一冊にまとめた衝撃の作品が、
「たま出版」より刊行され大好評発売中です。
ふるってご購入下さい。


歴史を揺るがすこの一冊!!   全国書店にて好評発売中

●目次紹介●
お知らせ

松重楊江 「日本史のタブーに挑んだ男」   出版記念講演


≪ 日本史を斬る ≫ CD 発 売  (品番 MC-031017)
※ INFACTでは、「日本史のタブー・・・」は他の製品(明治維新年表&CD、記念講演CDなど)との
   同時注文のみ受付いたします。

松重楊江・日本史のタブーに挑んだ男 出版記念式
たま出版


 INFACT Homeへ     松重楊江コーナーへ    著書案内へ